右京区・中京区の不動産|株式会社Home Style > 株式会社 Home Styleのスタッフブログ記事一覧 > 空き家の外壁塗装をしないとどうなる?外壁塗装をすべき理由をご紹介

空き家の外壁塗装をしないとどうなる?外壁塗装をすべき理由をご紹介

≪ 前へ|京都市右京区にある京都市立西院小学校の概要と学区内の住環境をご紹介   記事一覧   マンション売却にかかる期間とは?早く売りたい場合の3つのコツをご紹介|次へ ≫

空き家の外壁塗装をしないとどうなる?外壁塗装をすべき理由をご紹介

カテゴリ:不動産について

空き家の外壁塗装をしないとどうなる?外壁塗装をすべき理由をご紹介


相続した実家などを所有している方のなかには、空き家になってから外壁の塗装改修工事をしていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、空き家の外壁を塗装しないとどうなるのか、外壁塗装の時期や、外壁塗装が必要な理由についてご紹介します。


>右京区の不動産を高く売りたい、すぐに売りたい方はこちら



株式会社Home Styleへの問い合わせはこちら


空き家の外壁塗装をしないとどうなる?

空き家の外壁塗装をしないとどうなる?

空き家になっている実家を相続しても、多くの方は日々の暮らしに忙しく、手入れを怠ってしまいがちです。
しかし、外壁の塗装工事などのメンテナンス作業を実施しないと、建物に深刻な影響をおよぼします。

空き家になることで生じる影響とは?

建物は、定期的なメンテナンス工事を実施することも大切ですが、使用すること自体がメンテナンスに一役買っていることも事実です。
人の出入りによりドアや窓を開閉することで、建物内に空気の流れを作り出します。
滞留している空気が入れ替わることにともない、湿気もとどまることなく排出できる点がポイントです。
湿気が滞留すると、日当たりの悪い室内では、壁や床、天井にカビが生えてしまいます。
また、湿気が多い場所では、シロアリやそれ以外の虫も発生しやすくなり、さらに虫をエサにする小動物が侵入するなど悪循環になりがちです。
空き家に誰も住んでいないと短期間に繁殖してしまい、床や壁、柱や梁などもかじってしまいます。
そのうえ、排気口に溜まったほこりを除去することもないため、湿気を含むことで給排気設備全体が腐食するなど影響は多大です。
また、使用しない給排水設備はサビが生じるなど劣化するうえ、通水しないことで排水トラップに水がなくなると悪臭の原因になるほか、虫や小動物の進入路になります。

外壁への影響は?外壁塗装をしないとどうなる?

住宅の外壁は、直射日光や気温変化、雨や風が直接あたることで、壁の表面を保護する機能が低下するため、定期的な塗り直し作業が必要です。
塗装作業は、外壁や塗料の種類にもよりますが、通常は10年程度の間隔でおこないます。
塗装作業を定期的におこなわないと、外壁にひびが生じ、雨水の滲みこみや雨漏りが発生することで被害が拡大する問題が生じます。
内部に滲みこんだ湿気は排出しにくいため、構造体が劣化してしまいます。
構造体の損傷は外部からは劣化状況を把握できないこともあり、気づいたときには建物全体にゆがみが生じるなど、手の施しようがなくなります。
近隣住民に迷惑をかける可能性もあり、即座に解体しなければならなくなることもあります。
予定外の解体工事は費用の負担が大きいうえ、近隣への謝罪などもおこなわなければなならず、出費以上に精神的にも大きな負担になります。

▼この記事も読まれています
【2023年版】空き家対策を「家族信託」でおこなうメリットとは?空き家の原因もご紹介

空き家の外壁塗装工事を実施する時期は?

空き家の外壁塗装工事を実施する時期は?

外壁の塗装改修工事は、定期的に実施することで塗料の効果を持続させることが可能です。
誰も住んでいない空き家は、換気をおこなわないことなどにより劣化しやすいことを考慮し、状況に応じて工事をおこなう時期を前倒しするなど柔軟に対応しましょう。

外壁の塗装修繕工事!標準的な実施時期は?

塗り直し作業は使用する塗料によって実施時期の目安は異なります。
アクリル樹脂系塗料は6~8年、フッ素樹脂系の場合は15~20年に1回実施するのが標準的です。
塗料の種類は外壁の素材との相性もあることから、自分で判断せず、塗装工事をおこなう会社に相談してから決めましょう。
また、改修工事の間隔を長くできる塗料は、施工費用が高額になる傾向にあります。
そのため、塗料の種類は改修工事の間隔だけでなく、費用も考慮して決めることがポイントです。

外壁の劣化現象とは?判断に役立つサイン

日当たりが良い壁面は、劣化現象を早期に見つけることができます。
劣化が始まった頃に発生するのが、塗料の輝きが低下したり、なくなったように感じたりする現象です。
日当たりが良いためわかりにくいですが、ほかの壁面と見比べて判断します。
塗料の輝きが低下してくると発生するチョーキング現象は、チョークのような粉が壁面に付着することです。
見た目で判断できないときは、触ってみると白い粉が付着するのでよくわかります。
チョーキング現象の他に、塗料面の浮きにも注意が必要です。

塗装表面が水膨れのようにデコボコした状態を確認できるようになります。
浮いてきた塗料面は剥落しやすくなるため、一気に劣化が加速します。
さらに劣化状態が進むと、カビやコケの発生、ひび割れが生じるようになり、ここまでくると、早急に対応しなければなりません。

壁面のメンテナンスにおける一連の流れ

外壁の塗装工事は、足場を設置し、高圧洗浄機で壁面の汚れやホコリ、剥がれた塗料やコケを落とします。
次にサビの除去やひび割れの補修作業をおこないます。

下地が整っていないと仕上がりに影響するうえ、早期に劣化する恐れがあるからです。
塗装作業は下塗りから始め、中塗りと上塗りをおこないます。
乾燥後にチェックして、塗り直し工事は完了です。

▼この記事も読まれています
空き家の種類にはどんなものがある?増加率や放置するリスクをご紹介

空き家も外壁塗装を定期的におこなう理由

空き家も外壁塗装を定期的におこなう理由

空き家はそのまま放置しておくだけで、劣化することが問題です。
そこで、外壁の手入れを適切に実施しないことでどうなるかを知ると、メンテナンス作業をおこなう理由も納得できます。

外壁の塗装改修工事をやめるとどうなる?

家の外壁は塗料によって保護しているため、定期的に改修工事を実施しないと、保護する効果を失います。
壁面に生じたひび割れから滲みこんだ雨水が、壁の内部を伝い、柱や梁などの構造部分にまで到達してしまいます。
腐食やサビの発生に加え、シロアリ被害などにより、倒壊する可能性が高まるなど危険です。
適切な間隔よりも長い周期で塗装改修工事を考えていると、塗り直しだけでは済まなくなり、壁面材の張り替えなど、工事の規模が拡大し、より負担が大きくなる可能性があります。

資産価値の減少による損失は回避できる?

空き家のメンテナンス作業をしないと、資産価値の低下を招きます。
費用やその空き家を今後所有する予定期間等により、塗料の種類も検討されると良いでしょう。
機能性を高めた塗料を使用すると、改修工事の間隔を伸ばすことができます。
光触媒機能を有する塗料は、日光や雨などの自然の力を利用して汚れの付着を避けるうえ、コケやカビが生えるのを防ぐためにも有効です。
遮熱効果のある塗料は、紫外線を遮る効果が高く、建物内部の寒暖差を少なくできます。
価格の安い塗料を希望する場合は、耐用年数が15年のラジカル塗料も空き家向きです。
従来の塗料から変更することになるため、壁面との相性や施工費用を確認することも忘れないようにしましょう。

空き家を放置すると固定資産税が高額になる?

メンテナンスをおこなわない危険な空き家は、「空家等対策特別措置法」に基づき、市町村などにより「特定空家」の指定を受けます。
指定を受けてしまうと、固定資産税の評価額に対する優遇措置の対象から外れ、納税額が6倍になるなど負担が増えてしまいます。
適切なメンテナンス作業をおこなうことで、指定を解除できますが、無視して放置し続けると50万円以下の罰金の行政処分を受けます。

▼この記事も読まれています
不法侵入されやすい空き家とは?トラブルや空き家対策もご紹介

まとめ

外壁の塗装改修工事により、空き家の劣化速度を遅くするなど家を保護する機能を保持できます。
壁面の劣化を把握したときには、塗り直し作業の実施時期を前倒しにするなどしなければなりません。
空き家を放置し続けると、特定空家に指定され、固定資産税が高額になる他、罰金処分を受けることもあるため、適切にメンテナンスをおこないましょう。

株式会社Home Styleへの問い合わせはこちら


株式会社Home Styleの写真

株式会社Home Style スタッフブログ編集部

京都市右京区西院に店舗を構え不動産仲介や不動産買取を行っている株式会社Home Styleです。京都市右京区・中京区を中心に京都全域の戸建、土地、マンション等の物件を多数ご紹介しています。今後も不動産や相続に関する記事を主にご提供します。


≪ 前へ|京都市右京区にある京都市立西院小学校の概要と学区内の住環境をご紹介   記事一覧   マンション売却にかかる期間とは?早く売りたい場合の3つのコツをご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 学区検索
  • 売却査定
  • 会員登録
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 Home Style
    • 〒615-0021
    • 京都府京都市右京区西院三蔵町35-3
    • 0120-711-101
    • TEL/075-313-1133
    • FAX/075-313-1123
    • 京都府知事 (1) 第014277号
  • 更新物件情報

    2024-04-19
    小倉町南浦 売土地(建築条件無)の情報を更新しました。
    2024-04-19
    西院春栄町 中古戸建の情報を更新しました。
    2024-04-19
    雄琴5丁目 中古戸建の情報を更新しました。
    2024-04-19
    ル・アール京都御所西 中立売通の情報を更新しました。
    2024-04-19
    宇多野芝町 新築一戸建の情報を更新しました。
    2024-04-19
    鳴滝宇多野谷 売土地(建築条件無)の情報を更新しました。
    2024-04-19
    鳴滝宇多野谷 新築戸建の情報を更新しました。
    2024-04-19
    西七条北月読町 中古戸建の情報を更新しました。
    2024-04-19
    深草泓ノ壺町 中古テラスの情報を更新しました。
    2024-04-19
    尼ケ崎横町 賃家の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

長谷川 翔平 最新記事



長谷川 翔平

生まれ育った京都市での様々な情報をご提供させていただきます! 得意エリアは南区、右京区です。 『お客様の笑顔が活力源』をモットーに頑張って参ります! お客様一人ひとりのご事情やご要望を丁寧にお聞きして、お客様の想いができる限り叶うよう、寄り添ったご提案ができるように心掛けています。 任せてよかった、相談してよかった、とのお声を一つでも多くいただけるように全力を尽くして頑張ります。

スタッフ情報を見る

 おすすめ物件


小倉町南浦 売土地(建築条件無)

小倉町南浦 売土地(建築条件無)の画像

価格
1,580万円
種別
売地
住所
京都府宇治市小倉町南浦
交通
小倉駅
徒歩4分

雄琴5丁目 中古戸建

雄琴5丁目 中古戸建の画像

価格
1,380万円
種別
中古一戸建
住所
滋賀県大津市雄琴5丁目
交通
おごと温泉駅
徒歩13分

深草泓ノ壺町 中古テラス

深草泓ノ壺町 中古テラスの画像

価格
1,580万円
種別
中古テラスハウス
住所
京都府京都市伏見区深草泓ノ壺町
交通
伏見駅
徒歩4分

トップへ戻る