右京区・中京区の不動産|株式会社Home Style > 株式会社 Home Styleのスタッフブログ記事一覧 > 空き家バンクに登録して空き家を売却するメリットとは?流れについても解説

空き家バンクに登録して空き家を売却するメリットとは?流れについても解説

≪ 前へ|相続欠格になるとどうなる?相続廃除との違いも解説   記事一覧   右京区にある京都市立梅津小学校の概要や特徴とは?周辺の住環境もご紹介|次へ ≫

空き家バンクに登録して空き家を売却するメリットとは?流れについても解説

カテゴリ:不動産について

空き家バンクに登録して空き家を売却するメリットとは?流れについても解説

空き家を所有している方のなかには、空き家バンクに興味をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
空き家バンクは、空き家の売却方法の1つですが、デメリットも多いため注意が必要です。
そこで今回は、空き家バンクの仕組みやメリット・デメリット、登録から売却するまでの流れについて解説します。
空き家の売却をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

空き家バンクとは?空き家を売却する仕組み

空き家バンクとは?空き家を売却する仕組み

空き家は所有しているだけで固定資産税が課されるだけでなく、火災や倒壊などのリスクも生じるため、早めに対策する必要があります。
対策の1つとして、賃貸物件としての利用を検討するケースもありますが、管理する負担や空室のリスクを考えると、売却して現金化するほうが得策です。
空き家を売却する際、「空き家バンク」を利用するのも方法の1つです。
ただし、空き家バンクの利用を検討する際にはその仕組みについてしっかりと理解を深めておく必要があります。
そこでまずは、空き家バンクとはなにか、その仕組みや空き家バンクが誕生した背景について解説します。

空き家バンクとは

空き家バンクとは、空き家を売却したい方と購入したい方を繋げることを目的に、自治体が運営する非営利目的の情報サービスのことです。
空き家を所有している方が空き家バンクに登録すると、その情報が自治体のホームページで公開されます。
物件を探している方がそれを閲覧し、条件が合う空き家を見つけることができるという仕組みになっています。
つまり空き家バンクとは、空き家の所有者と買主をマッチングする手助けをおこなっているサービスなのです。

空き家バンクが誕生した背景

少子高齢化、核家族化が進む日本では、空き家の増加が社会問題となっています。
とくに地方では、所有者不明の空き家や、放置されて地域住民の治安や環境を害するような空き家が増えています。
そこで、国や自治体は空き家を流通させることや、過疎化が進む地域の活性化を図るために、空き家バンクのサービスを誕生させました。
たとえば空き家が存在していても、その物件が売り出されているのか、今は利用していないだけなのかは判断しにくいものです。
そこで、空き家であること、購入できることが判断できる仕組みとして、空き家バンクが有効活用されています。

▼この記事も読まれています
【2023年版】空き家対策を「家族信託」でおこなうメリットとは?空き家の原因もご紹介

空き家バンクで空き家を売却するメリット・デメリット

空き家バンクで空き家を売却するメリット・デメリット

では、実際に空き家バンクを利用すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。
また、デメリットが存在するのであれば、知っておきたいですよね。
そこで次に、空き家バンクで空き家を売却するメリットと、注意が必要なデメリットについて解説します。

空き家バンクのメリット

空き家バンクに登録して空き家を売却するメリットとして、以下のようなことが挙げられます。
買主を探す間口を広げることができる
空き家バンクに登録することで、その地域で物件を探している方を探すための間口を広げることができます。
たとえば、空き家がある地域への移住を検討している方にとって、ピンポイントで物件を探せることから、条件に合う買主が見つかる可能性があります。
また自治体が運営しているという安心感も生まれるかもしれません。
買主が自治体から補助金が受けられる場合がある
空き家バンクで空き家を購入すると、自治体がリフォーム費用などの一部を補助してくれる場合があります。
空き家は築年数が古いものが多いですが、補助金を受けることができるため、買主が家を改修するための初期費用を抑えることが可能です。
自治体からの補助金が受けられることは買主にとって大きなメリットになるため、売却できる可能性が高まります。
ただし、すべての自治体で補助金制度を設けているわけではないことに注意が必要です。

空き家バンクのデメリット

空き家バンクには、以下のようなデメリットも存在します。
交渉は当事者同士でおこなう必要がある
そもそも空き家バンクは、空き家の情報を提供するサービスです。
一般的な不動産会社のように、取引条件の交渉や内覧の案内、売買契約のサポートなどを自治体がおこなってくれるわけではありません。
したがって、交渉などは当事者でおこない、売買契約や決済も自分で手続きする必要があります。
不動産売却は専門的な知識を要する場面が多く、当事者だけではスムーズに取引が進まない可能性が高いです。
買主とのあいだでトラブルが起こっても、自治体にその責任を負う義務はないため、リスクが伴う方法だといえます。
公開する情報が少ない
不動産会社に仲介を依頼した場合、取引成立を目指すために、物件の写真や情報などを不動産のプロが見栄え良く公開します。
しかし空き家バンクの場合、外観写真しか掲載されなかったり、情報が少なかったりと、あまり質が良くないことも少なくありません。
空き家バンクの普及率が低い
空き家バンクは、空き家の売却方法として有効ではありますが、現時点で普及率は低いといえます。
売却したい空き家がある自治体に空き家バンクが存在するのか、どのような活動をおこなっているのかを、自治体のホームページで確認する必要があります。
したがって、空き家バンクのみで物件の売却をおこなうことはまだまだ困難だといえるでしょう。

▼この記事も読まれています
空き家の種類にはどんなものがある?増加率や放置するリスクをご紹介

空き家バンクで空き家を売却する流れ

空き家バンクで空き家を売却する流れ

最後に、空き家バンクに登録して売却する際には、どのように進めていけば良いのか、手続きの流れについて解説します。
自治体によって異なりますが、一般的に空き家バンクに登録してから売却までは、以下のような流れで進みます。

●自治体に書類を提出する
●現地調査がおこなわれる
●空き家の情報が公開される
●条件交渉をおこなう
●売買契約を結ぶ
●決済・引渡し


空き家バンクに登録したい場合は、まず自治体の担当課に書類を提出する必要があります。
登録申込書に必要事項を記入し、土地や建物の登記事項証明書、所有者の納税証明書、物件の図面、本人確認書類などを添付して申請しましょう。
なお、空き家バンクに登録するためには条件があります。
不動産会社と媒介契約を結んでいる場合や、建築基準法を満たしていない場合は、登録できないため注意が必要です。
次に、自治体の職員による現地調査がおこなわれます。
所有者本人が立ち会うのが基本ですが、遠方に住んでいて日程の調整が難しい場合は、代理人を立てることも可能です。
書類の内容や現地調査で問題ないと判断されれば、空き家バンクへの登録完了後、物件の情報が公開されます。
購入検討者が現れたら自治体から連絡が入り、取引に関する交渉や内見の案内など、直接やり取りして話をまとめていきます。
双方が納得したら売買契約を結び、売却代金を受け取ったら空き家を引渡して取引の完了です。
なお、空き家バンクを利用した場合、空き家の所有権移転登記も自分でおこなわなければなりません。
また、売却後に契約不適合が発覚した場合は、契約解除や損害賠償を求められる場合があるため、契約書の内容にも注意が必要です。
そのような手間とリスクを考えると、空き家バンクの利用は慎重に検討することをおすすめします。

▼この記事も読まれています
不法侵入されやすい空き家とは?トラブルや空き家対策もご紹介

まとめ

空き家バンクとは、自治体が運営する空き家に特化した情報サービスです。
空き家がある地域で、物件を探している買主を見つけやすい点はメリットだといえますが、条件の交渉や売買契約、登記手続きなど、すべて自分でおこなわなければなりません。
トラブルが起こった際のフォローもないため、空き家を安心・安全に売却するためには、不動産会社の仲介もしくは買取を利用することをおすすめします。

株式会社Home Styleへのお問い合わせはこちら


株式会社Home Styleの写真

株式会社Home Style スタッフブログ編集部

京都市右京区西院に店舗を構え不動産仲介や不動産買取を行っている株式会社Home Styleです。京都市右京区・中京区を中心に京都全域の戸建、土地、マンション等の物件を多数ご紹介しています。今後も不動産や相続に関する記事を主にご提供します。


≪ 前へ|相続欠格になるとどうなる?相続廃除との違いも解説   記事一覧   右京区にある京都市立梅津小学校の概要や特徴とは?周辺の住環境もご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 学区検索
  • 売却査定
  • 会員登録
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 Home Style
    • 〒615-0021
    • 京都府京都市右京区西院三蔵町35-3
    • 0120-711-101
    • TEL/075-313-1133
    • FAX/075-313-1123
    • 京都府知事 (1) 第014277号
  • 更新物件情報

    2024-03-03
    宇多野御屋敷町 売土地(建築条件無)の情報を更新しました。
    2024-03-03
    樽屋町 売土地(建築条件無)の情報を更新しました。
    2024-03-03
    太秦青木元町 売土地(建築条件無)の情報を更新しました。
    2024-03-03
    茨木市耳原3丁目 中古戸建の情報を更新しました。
    2024-03-03
    梅津東構口町 売土地(建築条件無)の情報を更新しました。
    2024-03-03
    パデシオン京都七条の情報を更新しました。
    2024-03-03
    プレサンスロジェ京都烏丸五条の情報を更新しました。
    2024-03-03
    嵯峨野宮ノ元町 売土地(建築条件無)の情報を更新しました。
    2024-03-03
    亀屋町 売土地(建築条件無)の情報を更新しました。
    2024-03-03
    嵯峨新宮町 売土地(建築条件無)の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


茨木市耳原3丁目 中古戸建

茨木市耳原3丁目 中古戸建の画像

価格
3,680万円
種別
中古一戸建
住所
大阪府茨木市耳原3丁目
交通
茨木駅
バス15分 耳原 停歩8分

深草森吉町 中古戸建

深草森吉町 中古戸建の画像

価格
2,480万円
種別
中古一戸建
住所
京都府京都市伏見区深草森吉町
交通
鳥羽街道駅
徒歩3分

トップへ戻る