右京区・中京区の不動産|株式会社Home Style > 株式会社 Home Styleのスタッフブログ記事一覧 > 空き家の水道光熱費はいくら?水道光熱費を節約する方法を解説!

空き家の水道光熱費はいくら?水道光熱費を節約する方法を解説!

≪ 前へ|固定資産税を滞納してしまうと売却できない?対処法について   記事一覧   空き家の家財道具はどう処分するのか?その方法や費用などについて解説|次へ ≫

空き家の水道光熱費はいくら?水道光熱費を節約する方法を解説!

カテゴリ:不動産について

空き家の水道光熱費はいくら?水道光熱費を節約する方法を解説!

空き家をお持ちの方なら、空き家の維持管理費を削減したいとお考えの方も多いのではないでしょうか。
空き家を所有していると、固定資産税やメンテナンス費用など意外と維持管理費がかかります。
今回は、そんな空き家にかかる維持管理費のなかで水道光熱費について解説しています。
水道光熱費も空き家を所有するうえで必要な維持管理費ですが、できるだけ節約したいですよね。
空き家にかかる水道光熱費の節約方法なども解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。


>右京区の不動産を高く売りたい、すぐに売りたい方はこちら



\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

空き家の水道光熱費っていくら?

空き家の水道光熱費っていくら?

まずは空き家にかかる水道光熱費がいくらなのか確認しておきましょう。
水道光熱費は、空き家のエリアによって異なります。
だいたいの目安を掴んでおき、最終的にはいくら払っているのか通帳などから確認が必要です。
一般的に空き家にかかる1か月あたりの水道光熱費は、以下のとおりです。

●電気代:数百円から2,000円
●水道代:1,000円から1,500円
●ガス代:1,000円から2,000円


合計すると空き家を所有しているだけで、毎月水道光熱費を2,000円から5,000円程度支払っています。
年間に換算すると2万5,000円から6万円程度ですので、決して安くない費用です。

使ってないのに水道光熱費がかかる理由

水道光熱費は、もちろん使用すればするほど費用がかかりますが、使わなくても基本料金が必要です。
つまり、電気や水道、ガスなどのインフラと契約しているだけで基本料金がかかります。
基本料金は、契約内容によって異なりますので注意しましょう。
たとえば、水道代なら契約している水道管の口径によって基本料金が異なります。
一般的な家庭なら水道管の口径は20㎜であることが多く、口径が大きくなるにつれて基本料金も高くなります。
電気代も同様です。
電気も使用する容量によって契約が異なり、容量が大きいほど基本料金が高くなります。
水道管の口径と違い、電気の容量は後から変更が可能です。
必要最低限の容量に変更するだけで水道光熱費が下がりますので、確認しておきましょう。
またガス代は、都市ガスかプロパンガスによって基本料金が異なります。
一般的に都市ガスのほうが料金が安く、基本料金についても同様です。

空き家にかかる費用

これから相続などにより空き家を所有する予定がある方は、あらかじめ空き家にかかる費用について知っておく必要があります。
空き家を維持管理していくうえでかかる費用は、水道光熱費だけではありません。
空き家にかかる主な費用は、以下のとおりです。

●固定資産税
●都市計画税
●火災保険
●管理費
●修繕費


空き家を所有するとこれらの費用がかかります。
上記の費用だけでなく、たとえば下水管が整っていない地域では各家庭に浄化槽が設置してあり、その浄化槽のメンテナンス費用の負担も必要です。
一般的な戸建ての空き家なら、その維持管理費が年間50万円程度かかるとされています。
もちろん売却できれば、これらの維持費はかかりませんが、相続した不動産を売却したくないという方も多いのではないでしょうか。
空き家は売却だけでなく、修繕して賃貸物件として活用するといった方法もありますので、あらかじめ空き家の活用方法を検討する必要があります。

空き家の水道光熱費節約のため、解約はできる?

空き家の水道光熱費節約のため、解約はできる?

では、水道光熱費を節約するためにインフラを解約すると、どうなるのでしょうか。
空き家のインフラの解約にはメリット、デメリットがあります。
解約する前にきちんとメリット、デメリット両方を理解しておきましょう。

空き家のインフラを解約するメリット

インフラを解約するメリットは、もちろん水道光熱費の節約です。
インフラを解約すると、空き家の水道光熱費について悩む必要がなくなります。

空き家のインフラを解約するデメリット

インフラを解約すると、空き家の水道や電気が使えなくなります。
空き家は放置すると、劣化していく一方です。
そのため定期的なメンテナンスが必要であり、メンテナンスをするうえで電気や水道は必要です。
とくに水道管は、定期的に通水をおこなわないとサビの原因に繋がります。
水道管がサビると水道管そのものを交換する必要があり、余計な費用がかかるので注意しましょう。
また通水は水道管のサビ防止だけでなく、封水切れの防止にも必要です。
封水とは、下水管との繋がりを水で封をすることにより断ち切る仕組みです。
定期的に通水をしないと蒸発などにより封水切れを起こし、排水管を通じて害虫や臭気が上がってきてしまいます。
インフラの解約をおこなうと水道光熱費の節約はできますが、これらのメンテナンスができないので注意しましょう。

空き家であってもインフラは解約すべきでない

以上を踏まえると、空き家であってもインフラは解約すべきではないでしょう。
電気についても掃除機をかけるのに必要であったり、夏場に掃除をする際にエアコンを付けたり、なにかと必要な場面があります。
空き家のインフラを解約すると、どんどん管理が億劫になり空き家を放置する恐れがあります。
日本では近年の人口減少に伴い空き家が増加しており、とくに相続による不動産が空き家になるケースが多いです。
空き家を放置すると、行政から特定空き家等に指定される恐れがあります。
特定空き家等とは、著しく周りの景観を乱していたり、倒壊で危害を与えるリスクが高かったりする空き家に対して、行政が指導をする制度です。
特定空き家等に指定されると、固定資産税の軽減措置がなくなったり、行政代執行といって強制的に行政に空き家を解体されたりします。
とくに行政代執行は、行政に強制的に空き家を解体されますが、費用負担は持ち主のため注意が必要です。

空き家の水道光熱費を節約する方法

空き家の水道光熱費を節約する方法

では、空き家の水道光熱費を節約するには、どのようにすれば良いのでしょうか。
空き家の水道光熱費を節約する方法は、以下のとおりです。

●電気の容量を落とす
●ブレーカーを落とす
●ガスを解約する


順番に解説します。

電気の容量を落とす

電気の解約はおすすめできませんが、契約変更によって容量を変更することはおすすめです。
先述したとおり、電気代は契約しているアンペア数によって異なります。
たとえば、東京電力のアンペア毎の基本料金は以下のとおりです。

●10A:基本料金286円
●15A:基本料金429円
●20A:基本料金572円
●30A:基本料金858円
●40A:基本料金1,144円
●50A:基本料金1,430円
●60A:基本料金1,716円


ファミリーで電化製品を多く使用する場合は、40A~60A必要とされています。
もし相続した契約のままなら、これらのアンペア数で契約している可能性が高いです。
空き家なら10Aでも十分ですので、10Aに変更するだけで毎月約1000円程度の節約になります。

ブレーカーを落とす

ブレーカーを落とすだけでも、電気代の節約になります。
基本的に常時通電する必要がないなら、ブレーカーを落としておきましょう。
また空き家の増加に伴い、漏電による火災も増えており、ブレーカーを落としておくことでそういった被害も防げます。
ブレーカーを落とすのが面倒という方は、コンセントを外しておくだけでも節約効果があります。

ガスを解約する

空き家であってもインフラは解約すべきでないと解説しましたが、ガスは解約しても良いかもしれません。
というのもメンテナンスをするうえで水道や電気は必要ですが、ガスは必要でないことが多いためです。
とくにプロパンガスのエリアなら基本料金も高いので、ガスの必要性を検討し、不要なら解約しましょう。

まとめ

空き家の増加に伴い、維持管理できていない空き家も増加しています。
水道光熱費の節約などのようにできることから始め、空き家の維持管理が負担にならないように注意しましょう。

株式会社Home Styleへの問い合わせはこちら


株式会社Home Style スタッフブログ編集部

京都市右京区西院に店舗を構え不動産仲介や不動産買取を行っている株式会社Home Styleです。京都市右京区・中京区を中心に京都全域の戸建、土地、マンション等の物件を多数ご紹介しています。今後も不動産や相続に関する記事を主にご提供します。

≪ 前へ|固定資産税を滞納してしまうと売却できない?対処法について   記事一覧   空き家の家財道具はどう処分するのか?その方法や費用などについて解説|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 公開物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • 学区検索
  • 売却査定
  • 会員登録
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • スタッフブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    株式会社 Home Style
    • 〒615-0021
    • 京都府京都市右京区西院三蔵町35-3
    • 0120-711-101
    • TEL/075-313-1133
    • FAX/075-313-1123
    • 京都府知事 (1) 第014277号
  • 更新物件情報

    2024-02-23
    西賀茂蟹ヶ坂町 新築戸建の情報を更新しました。
    2024-02-23
    壬生下溝町 売土地(建築条件無)の情報を更新しました。
    2024-02-23
    嵯峨天龍寺広道町 売土地(建築条件無)の情報を更新しました。
    2024-02-23
    ライオンズマンション二条駅前の情報を更新しました。
    2024-02-23
    プレサンスロジェ京都二条の情報を更新しました。
    2024-02-22
    太秦安井西裏町 売土地(建築条件付)の情報を更新しました。
    2024-02-22
    嵯峨苅分町 新築戸建の情報を更新しました。
    2024-02-22
    壬生檜町 新築戸建の情報を更新しました。
    2024-02-22
    プラネシア星の子新町御池の情報を更新しました。
    2024-02-22
    ルモン三条西洞院の情報を更新しました。
  • QRコード
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

 おすすめ物件


西賀茂蟹ヶ坂町 新築戸建

西賀茂蟹ヶ坂町 新築戸建の画像

価格
3,180万円
種別
新築一戸建
住所
京都府京都市北区西賀茂蟹ケ坂町
交通
二軒茶屋駅
徒歩39分

大津スカイハイツ

大津スカイハイツの画像

価格
2,380万円
種別
中古マンション
住所
滋賀県大津市におの浜2丁目
交通
膳所駅
徒歩9分

西院追分町 売土地(建築条件無)Ⅰ

西院追分町 売土地(建築条件無)Ⅰの画像

価格
7,280万円
種別
売地
住所
京都府京都市右京区西院追分町
交通
西院駅
徒歩12分

西院追分町 新築戸建Ⅱ

西院追分町 新築戸建Ⅱの画像

価格
4,980万円
種別
新築一戸建
住所
京都府京都市右京区西院追分町
交通
西院駅
徒歩12分

トップへ戻る